2015年12月11日

セラミドは角質層において

セラミドは角質層において細胞に挟まれて水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、これが細胞同士を糊のごとく結合させています。表皮の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、必要量を下回ると肌荒れが発生するのです。カサカサ肌の人は、お肌に優しい洗顔料をチョイスして丁寧に泡立てて、肌をこすり過ぎないようにしてください。力任せに洗うと肌に良くないので、優しく洗うことが注意点です。さらに、洗顔を行った後は忘れず保湿をしましょう。化粧水のみにせず、乳液、美容液、クリームなども場合によって用いるようにしてください。顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上で重視されることです。これを怠ることでより肌の乾燥を生んでしまいます。そのほかにも、クレンジングや化粧用品も保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。これ以外にも保湿効果のある入浴剤を使用したり、お湯をあまり高温にしないというのもドライスキンに効果があります。寒くなると空気が乾燥するので、それによって肌の水分も奪われます。潤いが奪われて肌が乾燥すると肌トラブルの要因となりやすいので冬はしっかりとしたお手入れが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを起こさない為にもお手入れを普段よりしっかりと行うようにしてください。乾燥する時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。かさつく肌の場合、スキンケアが非常に重要になります。誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、正しい方法をわかっておきましょう。初めに、洗いすぎは禁物です。皮膚のべたつきが気になるからといって1日に何度も何度も洗顔してしまうと素肌が乾燥してしまいます。逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝と夜の2回だけで十分です。オールインワン ZZCC モイストリペアジェル
posted by 小悪魔魔女 at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。